モテる中年になるために!メンズの基本的なスキンケア方法とは?

モテる中年
モテる中年

最近は、メンズでもスキンケアをするのが当たり前の時代。肌を若々しく保つためだけでなく、べたつきやテカりをおさえ、清潔感あるように見せるためにも、メンズのスキンケアは注目されています。

 

清潔感は、デキる男にとって必須条件と言っても過言ではないでしょう。社会人の最低限のエチケットとしてもスキンケアは大切です。とくに、中年になるとスキンケアをしているかしていないかで、見た目にも大きな差が出てしまいます。

モテる中年になるために、まだスキンケアを始めていないなら、今すぐ始めましょう!とは言っても、これまで何もしてこなかったのに、何をどうしたら良いか分からないことも多いはず。そこで今回は、メンズの基本的なスキンケア法をご紹介します。

今やスキンケアは女性だけのものではありません。スキンケアの基本をおさえて、モテる中年になりましょう!

基本的なスキンケア用品

基本的なスキンケア用品

最初に、スキンケアにはどのようなアイテムがあるのか、おさえましょう。それぞれもアイテムの用途と、基本的な使用順番をご紹介します。

1.洗顔料

石鹸、フォーム、液体など、形状は様々です。基本的にはどの形状のものであっても、しっかり泡立てて使用します。泡で優しく洗うことで、肌を傷めずに皮膚の汚れと余分な皮脂を落とします。

2.化粧水

肌に水分を補給する目的で使用します。男肌は、女性に比べて水分が非常に少ないので、化粧水は丁寧に肌へ入れ込みましょう。

3.美容液

肌に不足している栄養分を補給します。美容液は、目的によって様々な種類があるので、自分の肌状態にあわせて選ぶのがポイント。肌を健康な状態にするから、他に使用するスキンケア用品の効果も高めます。

4.乳液

化粧水が水分の補給なら、乳液は油分の補給です。男性は元々皮脂が出やすいので、あまり油分の多すぎるものを使う必要はありません。ただ、乳液には油分によって肌にフタをし、化粧水で浸透させた水分を閉じ込める作用があります。

せっかく水分を入れても、化粧水だけではすぐに蒸発してしまうので、乳液でしっかりと水分を肌内部に閉じ込めることが大切です。

5.アイクリーム、クリーム

男肌は、その肌質により、女性と違ってシワが深くなる傾向があります。シワができると、顔は一気に老け込んだ印象に。そうならないためにも、アイクリームやクリームを使って、シワ予防をすることも大切です。

6.日焼け止め

日焼け止めを塗らない男性は非常に多いです。ですが、日焼け止めを塗らないということは、常に紫外線のダメージを肌が受け続けているということ。せっかく化粧水や乳液などでケアしても、紫外線でダメージを受けていたら台無しです。男肌にも紫外線対策は必須!

 

スキンケアは、ケアする順番がとても大切です。順番を守るだけで、それぞれの効果は倍増します。せっかくスキンケアをするんですから、効果は最大限引き出したいですよね。使う順番をしっかり覚えて、効果的なスキンケアを始めましょう!

ただ、これまで何もしていなかったのに、こんなにたくさんのアイテムを一度に使い始めるのは至難の業。最初は洗顔料と化粧水だけでも構いません。できれば、洗顔料、化粧水、乳液まで使えるとなお良いです。

 

そのほかの美容液やクリーム、日焼け止めなどは、後々からでも構いません。また、どうしても化粧水、乳液のステップが面倒くさいという場合は、すべてのステップが一つになった、オールインワン化粧品も販売されています。最近はメンズ用のオールインワンも増えているので、試してみるのも良いかも知れません。

さて、次からは、それぞれのスキンケアの行程をより詳しくご説明します。

まずは洗顔から!

乾燥肌 洗顔

スキンケアの第一歩は、洗顔です。

ボディソープで顔をゴシゴシとこすってはいませんか?それでは肌を傷めてしまい、乾燥を引き起こす原因になります。ただ顔を洗えば良いと言うものではありません。洗顔にも、正しい洗顔の仕方があります。

 

男肌は、女性に比べて水分量が少なく、乾燥しやすいという特徴があります。「肌がテカったり、べたついたりしてるから、乾燥していない」と思ったら大間違い。水分量が足りていないと、その不足分を補うために、皮脂分泌が盛んになります。これが過剰皮脂となり、肌をテカらせたり、べたつかせたりする原因です。

その状態を改善するのが、洗顔です。まず洗顔料はきちんと泡立てましょう。たっぷりとしたコシと弾力のある泡で、肌をこすらないように優しく洗います。これまでゴシゴシ洗っていた方にとっては物足りないかも知れませんが、泡だけで汚れは十分に落ちます。

反対にゴシゴシこすると、肌に必要な潤いまで落としてしまったり、肌を傷めたりしてしまうので、絶対に避けてください。

男肌には、なんと言っても保湿!

化粧水の量

次にするべきは、化粧水による保湿です。メンズに多いのは、洗顔だけでスキンケアを完了してしまうタイプ。でも、洗顔だけでは、肌は乾いてしまいます。どんなに注意して洗っていても、時間が経つにつれ、必要な皮脂や水分が蒸発していってしまうのです。

 

また、先ほどもご説明した通り、男肌は女性に比べると水分量が不足気味。女性の6~7割程度の水分しか保持していません。男肌が硬く、ごわついているのは、この水分不足が原因です。

それらを防ぐために、化粧水で水分補給することがとても大切。水分補給をしないで乾燥の進行を放っておくと、肌荒れやシワ、果ては老化の原因になります。若々しい肌を保つためにも、化粧水での水分補給、保湿は欠かせません!

入れた潤いを閉じ込める!

潤いを閉じ込める

まずは化粧水まででも構いませんが、できれば乳液まで使えるのが理想的です。乳液は、それ自体が潤い成分を持っているのはもちろん、先に入れた潤いを逃さないように肌にフタをしてくれます。

 

乳液を使用することで、化粧水の効果をさらに高めることができ、乾燥しづらい肌になっていきます。乳液を肌に塗布する際、ゴシゴシこするのはNG。乳液を大量にとってしまうと、なかなか浸透せず、スキンケアを急ぐあまりにゴシゴシとこすってしまいがちです。

ポイントは、少量ずつ使うこと。乾燥しやすい部分から順に、皮脂分泌の多い場所まで、2~3回に分けて塗布します。肌をこすっていためないように、優しくハンドプレスするようにして馴染ませるのが大切です。

その他、肌状態に合わせてスペシャルケアを

スペシャルケア

その他は、肌状態に合わせて余裕があればとりいれていきましょう。

アイクリーム

アイクリームは、メンズにはぜひとりいれてもらいたいアイテムです。目元の皮膚はとても薄く、ただでさえ乾燥しやすいパーツ。それにくわえて、男肌は深いシワができやすいので、目元のシワ予防を早くからすることをオススメします。力を入れて塗ると、それだけで目元はダメージを受けてしまうので、薬指で優しく塗るのがコツです。

日焼け止め

次に使用して欲しいのは日焼け止め。日焼け止めを塗らない限り、紫外線の脅威に常にさらされている状態になってしまいます。乳液が肌の表面を保護する作用があるので、それだけでも紫外線のダメージは軽減されますが、やはり紫外線をしっかりブロックするには日焼け止めが必要です。

ただ、メイク落としを使わないと落ちない日焼け止めだと、スキンケアの工程がまた一つ増えてしまうことになります。普通の洗顔料で落とせる日焼け止めも販売されているので、そういったものを使用するのがオススメです。

美容液

男である以上、ひげ剃りからは逃れられません。毎日ひげを剃っている、という方がほとんどではないでしょうか。ですが、ひげ剃りは肌にダメージを与えるのも事実です。

ひげ剃りによるダメージで、肌のバリア機能は弱まり、肌荒れや乾燥も起きやすい状態になりがちです。そうした状態を助けてくれるのが美容液。美容液は、栄養を補給して肌を元気な状態にしてくれます。元気な肌は、刺激やダメージにも強くなります。

ただ美容液は、他のスキンケア用品に比べると高価です。自分の肌状態に合うもの、自分の肌に本当に必要なものを選んで使いましょう。

 

いかがでしょうか。スキンケアは、とにかく継続することが大切。あれもこれも手を出して、中途半端になってしまうよりは、自分ができるところから始めるようにしましょう。モテる中年になるために、洗顔、化粧水、乳液と基本のスキンケアは、しっかりおさえていきたいですね!

おすすめのメンズ化粧水TOP3ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です