肌がカサカサになってしまう理由とその対策方法

肌乾燥
肌乾燥

メンズの肌は、カサカサと乾燥しがちです。ベタついたりテカったりするのに、肌の内部は乾燥している、といのうが男肌のやっかいな所。

男肌は、女性に比べて水分量が少ないため、何も対策をしなければ、カサカサになってしまうのは避けられません。ですが、肌質という以外にも肌がカサカサになってしまうのには、いくつか理由があります。

今回はその理由を紹介するとともに、肌のカサカサを防ぐ対策方法をご紹介します。

肌がカサカサになってしまう6つの理由

メンズの肌がカサカサになってしまうのには、主に6つの理由が考えられます。

理由1 ひげ剃り

髭剃り

大抵のメンズが、毎日ひげ剃りをしているのではないでしょうか。男の身だしなみとしても、ひげ剃りは毎日欠かせないことです。しかし、カミソリ負けという言葉があるように、ひげ剃りは肌にダメージを与えてしまいます。ダメージを受けることで、カサカサ肌の原因にも。

ひげ剃りの後は、きちんと保湿対策をすることが大切です。カミソリなどで、肌は傷ついて弱っている状態です。そのまま放っておくと、肌荒れや乾燥が進行してしまいます。ひげ剃りの後は、化粧水などにきちんと潤いを補給しましょう。そうすることで、カサカサ肌の予防になります。

関連記事:髭剃り後のスキンケアに化粧水+保湿をおすすめする理由

理由2 常に紫外線の脅威にさらされている

紫外線の脅威

メンズは日焼け止めを使用していない方がほとんど。そのため、男肌は、常に紫外線の脅威にさらされている状態です。

紫外線のダメージを受けると、肌のバリア機能は低下してしまいます。肌は、このバリア機能を使って肌の水分を閉じ込めています。つまり、肌バリアが低下することによって、乾燥は進んでしまうのです。

さらに、肌バリアが低下した肌は、外部からの刺激も受けやすい状態。紫外線が肌内部に侵攻しやすくなってしまうため、乾燥はより進んでしまいます。

これがカサカサ肌の原因です。これを防ぐには、日焼け止めの使用をオススメします。もし難しい場合は、やはり毎日のスキンケアで肌のバリア機能を維持することが大切です。化粧水で潤いをしっかり補給するのはもちろん、乳液でさらに潤いをプラスし、水分が逃げないようにフタをしましょう。

潤っている肌は、紫外線によるダメージも受けにくくなります。また、乳液は肌を保護する作用もあるため、日焼け止めの力を借りなくても紫外線のダメージを軽減することが可能です。

理由3 洗顔専用の洗浄料を使っていない

洗顔専用の洗浄料

メンズによくありがちなのが、ボディ用の石鹸で、顔まで洗ってしまっていること。心当たりはありませんか? ボディ用の石鹸は洗浄力が強いものが多く、洗顔には適しません。顔に必要な皮脂や水分まで落としてしまうからです。必要な皮脂や水分まで落とした肌は、当然ながらカサカサ肌に。

面倒くさくても、洗顔は、きちんと洗顔用の洗浄料を使うことがカサカサ肌を防ぐポイントです。洗顔用の洗浄料は、顔に必要な皮脂や潤いを残したまま、汚れだけを落としてくれます。

理由4 洗顔料を泡立てていない

洗顔料を泡立て

これもメンズがよくやりがちな間違いです。せっかく洗顔専用の洗浄料を使っているのに、泡立てずにゴシゴシと肌をこすっていませんか? ゴシゴシと肌をこする行為は、肌を傷めます。肌はダメージを受けると、潤いを保持する能力が弱まり、カサカサ肌へまっしぐら。

洗顔をするときは、洗顔料をきちんと泡立てて使用してください。手と顔の間に、約1cmほどの泡がある状態が理想的です。手と顔が決して触れることがないように、弾力のある泡を作るのがポイント。顔は「手」ではなく、「泡」で洗います。それだけで、皮膚表面の汚れはもちろん、毛穴の奥の汚れもしっかり落ちます。泡で洗うことができれば、肌を傷めることもありません。

面倒臭くても、洗顔料の泡立ては絶対。手で泡立てるのが難しい場合は、始めから泡で出てくる洗顔料を使うか、泡立てネットを活用しましょう。きめ細かい泡で優しく肌を洗うことが、カサカサ肌を防ぐ近道です。

理由5 洗顔後にタオルで顔をゴシゴシこする

洗顔後にタオルで顔をゴシゴシ

せっかく洗顔は泡で優しく洗ったのに、顔を拭くときにタオルでゴシゴシ・・・・・・なんてこと、ありませんか? 実際、そうしてしまうメンズも多いのが現状です。ですが、これは肌を傷めるのはもちろん、必要な皮脂を奪ってしまうため、カサカサ肌の原因になります。

洗顔後、顔の水分を拭き取るときは、タオルを優しく肌に乗せましょう。肌をこするのは絶対にNG。ぽんぽんとタオルを上から抑えながら、水気を拭き取るのがポイントです。

理由6 保湿ケアをしていない

保湿

洗顔をした後、そのまま放ったらかしのメンズも非常に多いです。ですが、洗顔した状態のまま何もしないで放置すると、肌の水分や皮脂は蒸発してなくなってしまいます。いくら洗顔に気を遣って、肌に必要な潤いや皮脂を残したとしても、その後の保湿ケアをしていなければ、たちまちカサカサ肌になってしまいます。

そうならないために、洗顔後は必ず化粧水で潤い補給を。できれば、乳液もつけて、肌に補給した水分が逃げないように、しっかりフタをしましょう。ここまでできれば、肌の内部は潤った状態をキープできます。こうした毎日の積み重ねが、カサカサ肌を防止します。

メンズもきちんと保湿ケアを

いかがだったでしょうか。男だからと言って、肌を気遣わない理由はありません。洗顔を始め、スキンケアをすることは、今やメンズでも常識化してきています。メンズ用のスキンケア用品もたくさん販売されています。

カサカサ肌を防ぐためにも、メンズもきちんと保湿ケアを行いましょう。ただでさえ、男肌は乾燥しがち。毎日の積み重ねが将来の肌を変えるので、面倒臭がらず取り組みましょう!

おすすめのメンズ化粧水TOP3ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です