脂性肌(オイリー肌)でも化粧水は使うべきか?

脂性肌 化粧水
脂性肌 化粧水

男性に多い脂性肌、別名オイリー肌とも言われる皮脂の過剰分泌状態。顔がテカテカして恥ずかしい、ニキビが治らない、そんな悩みを持つ方も多いかと思います。そんな脂性肌に化粧水は必要なのでしょうか?

脂性肌(オイリー肌)に化粧水は必要?

答えは、その人の肌質によって異なります。今まで化粧水を付けていたが、付けなくなってからニキビが改善された。逆に化粧水を付けないと肌の調子がおかしいなど人によって様々です。ですので、コレが良いと言った化粧水はなく、その時の肌質に合わせて使うことをおすすめします。

 

化粧水の中には、ニキビ専用の「ニキビ化粧水」、毛穴の引き締め効果のある「収斂(しゅうれん)化粧水」、水+保湿だけの一般的な化粧水など様々な種類があります。

ニキビが出来やすいのなら「ニキビ専用化粧水」、毛穴が開き脂が出過ぎてしまうのでしたら「収斂化粧水」、ニキビもなく毛穴の開きもないのに顔がテカテカしてしまうのでしたら一般的な化粧水を使うなど、トラブルに合わせて使い分けるのがいいでしょう。

※一般的な化粧水は水+保湿成分で出来ており、そのほとんどが水分で作られています。サッパリした使い心地で保湿としての効果は少ないですが、脂性肌の人にはおすすめです。

脂性肌の方におすすめの化粧水を違う記事で書きました。脂性肌におすすめ化粧水

隠れ脂性肌もあるので注意

脂が良く出るから自分は脂性肌(オイリー肌)と言う人もいますが、もしかしたら隠れ乾燥肌の間違いかもしれません。よくあるのが洗顔のし過ぎや間違った洗顔方法をしているため、皮脂が過剰に分泌されてる可能性があります。

洗顔をし過ぎると、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。そうすると脳が皮脂を分泌する指令を出し肌を守ろうとするのです。本当は乾燥肌なのに、隠れ脂性肌(オイリー肌)という事も考えられます。そのような方は化粧水+保湿(美容液や乳液など)が必要かもしれません。

 

同じ脂性肌でも人によって様々ですし、年齢によっても異なってきます。基本的に年齢を重ねるにつれ脂の分泌が少なくなってきます。40代・50代でニキビが目立つ方はあまり見かけませんよね?

化粧水が必要なのかは試してみなければ分かりませんが、状況に合わせて使い分ける用にしていきましょう。

また、一度洗顔方法を見直し、肌の状態を確かめてみる事をおすすめします。正しく洗顔を行ってから肌トラブルが改善されたという方も沢山います。詳しくはこちら⇒正しい洗顔方法

おすすめのメンズ化粧水TOP3ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です