正しい化粧水の使い方!!使い方次第で効果が変わります。

化粧水の使い方
化粧水の使い方

化粧水を使うとき、どのようにして使っていますか?お風呂上り適当に付けていたりしませんか?化粧水を使うにしても、正しいやり方で使わなければせっかくの保湿効果が半減してしまいます。使い方1つで肌のうるおいが違ってくるので、今回は正しい化粧水の使い方についてご説明していきます。

正しい化粧水の使い方

それでは正しい化粧水の使い方に付いて見ていきましょう。正しい化粧水の使い方とは、洗顔後、水けを拭いた顔に手でやさしくプレスするように付ける事です。

洗顔後タオルでやさしく水けを拭く

洗顔後に水が付いた顔をタオルでやさしく拭き取ってください。ポイントはやさしくです!タオルを顔にあてるようにして拭き取ります。ここでゴシゴシしてしまうと、肌を気づつけてしまうので、必ずやさしく拭いて下さい。

タオルで拭いた後

タオルで水けを取り除いた後は、出来るだけ早く化粧水を付けてきます。なぜかと言うと、肌への浸透率が悪くなってしまうからです。試に日中や仕事終わりなどに化粧水を使ってみて下さい。洗顔後に使うのとでは浸透率が違うのが分かります。

ですので、タオルで拭いた後は出来るだけ早くつけるのがポイントです。

化粧水をつける量とは

一般的には500円玉ぐらいの量と言われていますが、これは化粧水によって異なりますので一概に言えません。また、その人の肌によっても異なりますので、目安として「肌がうるおった」と言う感覚で大丈夫です。

注意してほしいのが化粧水のつけ過ぎです。たくさん付け過ぎると、かえって肌を乾燥させてしまう原因にもなりますので、最低限の量という事を覚えておいてください。

顔全体にまんべんなくプレスしていく

手のひらに化粧水を取ったあとは、顔全体にまんべんなく付けていきます。そして手のひらで、やさしく顔を押す(プレス)するような感じで付けて下さい。決して擦らないでくださいね。肌を傷つけてしまいますので。

それではおさらいです。

1.水けをタオルでやさしくふき取る
2.タオルで拭いた後は出来るだけ早く化粧水をつける
3.化粧水はつけ過ぎない(適量を心がける)
4.顔全体にまんべんなく付け、やさしくプレスする

以上が正しい化粧水の使い方になります。

おすすめのメンズ化粧水TOP3ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です