乾燥肌の原因で多いが間違った洗顔!見直すだけで簡単に改善

乾燥肌 洗顔
乾燥肌 洗顔

女性に比べ皮脂の分泌量が多い男性ですが、近年は乾燥肌で悩んでいる方も多いかと思います。冬になると空気が乾燥しているので肌は荒れ放題、だけど中々治らないし色々なスキンケアを試すのも面倒。と言う方に、簡単に乾燥肌を改善できる方法をご紹介します。

タイトルでも記載している『洗顔』!ここを見直すことで、乾燥肌を克服できるかもしれません。それでは詳しく説明しますのでご覧ください。

乾燥肌と皮脂の関係

まず乾燥肌の原因の一つに、皮脂の分泌不足が上げられます。乾燥肌の人は普通の人とは違い、皮脂分泌が正常に行われず乾燥しているかもしれません。

そもそも皮脂と言うのは、肌を守る為のバリア機能として働いています。外部からの異物(ホコリや菌)を防ぎ肌を守っているのです。また肌の水分を逃がさない役目も担っています。お分かりの通り、水分が蒸発してしまう=乾燥肌となるわけです。

ですので、普通の人よりも皮脂の分泌が少ないのだから、皮脂を残して置いてあげるのが重要になります。

どうすれば皮脂を残して置けるのか?

皮脂を残しておくには、洗顔の方法を少し見直すだけです。洗顔と言うのは、不必要な汚れを落とすために行うのですが、多くの方が必要な皮脂まで落としてしまっています。特に乾燥体質の方ですと、元々の皮脂量が多くないので、余計に落とし過ぎている可能性があります。

皮脂を残すための洗顔方法

やってはいけないポイントを箇条書きしますのでご覧ください。

1ゴシゴシ擦って洗ってる
2熱いお湯を使ってる
3洗浄力の強い洗顔料を使ってる
4シャワーを直接顔にあててる
5タオルでゴシゴシ水けを拭いてる

これらの行為は間違っているのでやめましょう。

正しくは、ぬるま湯(32度前後)で顔を素洗いし、肌にやさしい洗顔料を良く泡立ててやさしく洗う。すすぎも十分行い、タオルでやさしく拭き取るのが正しい洗顔です。

詳しくは正しい洗顔方法をご覧ください。

ポイントのおさらい

・シャワーを直接顔にあてるのは簡単でいいのですが、肌にとってはよくありません。手に貯めてすすぐようにしましょう。

・お湯の温度は32度前後のぬるま湯は鉄則。少し冷たいってくらいの温度になります。洗った感じがしないかもしれませんが、ちゃんと洗えてるので心配ありません。

・洗顔料は、肌にやさしい石鹸などがおすすめです。洗浄力が強い物は使わないでください。

・全てにおいて肌をゴシゴシ擦る事はNGです。やさしくを心がけてください。

洗顔料を使うポイント

洗顔料なのですが乾燥肌の人は夜だけ、または2日に1回など使う回数を少なくしてみてください。洗顔料を使わないと汚れが落ちないイメージがありますが、そんなことはありません。ぬるま湯洗顔でも肌は綺麗になります。

むしろ「洗顔料を使わない方が肌がきれいになった」という方もいますので、必ずしも洗顔料が必要な訳ではないのです。

洗顔後は化粧水などで保湿を

洗顔方法を変えるだけで大分肌の状態は変わりますが、洗顔後の保湿ケアも大切です。洗顔後水けを拭いたら、出来るだけ早く化粧水を付け、肌の水分補給+保湿をしてあげて下さい。化粧水だけでは肌が乾燥してしまうのなら、その後に乳液やクリームなどを付けるようにしましょう。

徐々にですが肌質が変わり、乾燥しにくくなってきますよ!

▼洗顔後のケアにおすすめな化粧水は『肌力を高める乾燥肌に悩む男におすすめな化粧水です。肌内部の潤い成分を作りだし、弱った肌力を高めてくれる化粧水です。

おすすめのメンズ化粧水TOP3ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です